株式会社 矢田健商店

大阪市で業務用のお惣菜やオリジナル商品の提案・pb商品の開発は株式会社 矢田健商店にお任せ下さい。

会社概要

■会社名
株式会社 矢田健商店

■所在地
大阪市西成区長橋1-10-16
MAP>>
■電話番号
06-6641-2818

■FAX番号
06-6647-4417

■事業内容
惣菜加工卸

 

お問い合わせ

 

HOME»  社長による日記»  日記»  脳血栓・脳梗塞を発症する原因の考察

脳血栓・脳梗塞を発症する原因の考察

脳血栓・脳梗塞を発症する原因の考察

高血圧は46%の人は療養中に発症しています。
また、高血圧でない人でも一時的に血圧があがる事で脳血栓・脳梗塞を発症することがあります。
私は、過去3回も脳血栓・脳梗塞を患いました。
当時のことを振り返ってみようかと思います。

 

1回目:9年前4/29夜12時(30日間入院、社会復帰は半年後)

一人で救急センターに電話する。言葉が出ない、住所氏名が言えない。65歳のとき。

<考察される原因>
  1. 飲酒
  2. はげしい階段上り下り
  3. 高血糖血管が硬い
 

2回目:2年前8/17午前中(15日間入院、社会復帰は退院後すぐ)

冨永病院外来患者として、自分で運転して乗用車で行く。
MRI検査結果は即入院、医者に注意を受ける。73歳。

<考察される原因>
  1. 脂肪・塩分取り過ぎ
  2. 夫婦で旅行(青森へ)
  3. 高血糖値(朝食メニューが毎朝ピザパンだった)
  4. 飲酒
 

3回目:2016/9/15 23時

突然身体の各所に変異がおこり、知人に呼んでもらったタクシーで冨永病院へ行く。
2日間昏睡状態、肺炎も併発。左半身に麻痺、嚥下障害。
180日間、鼻からの流動食のみ。
2017/3/25 退院。只今もリハビリ中。

<考察される原因>
  1. 飲酒:水とビールを交互に飲んでいた、血圧急上昇
  2. 緊張が数時間連続していた:料理が良くない、雰囲気が良くない、など →血圧上昇
  3. 階段の上り下り
  4. 高血糖と疲労が重なり、血管・血液・毛細血管の管理ができていなかった
  5. 処方されていた薬を飲む日と飲まない日があった
 

これらをふまえて反省

両親からいただいた身体、先生方のおかげで九死に一生を得た身体。
生きることの大切さ、健康を維持する大切さを、身をもって知ることができました。

脳血栓・脳梗塞は、身体に良くないことがいくつも重なり合って起こるものであることがよく分かった。

これからはあまり無理をしない、気をつけるようにしたいと思います。

3回目の発症は、あのあと付き合いを止めて次の店に行かなければ、
一時的に限度を超えて血圧があがり、脳梗塞にはならなかったかもしれないのに。

高血糖と疲労が重なっていたので、無理をしなければよかったのに。

これからの人生、身体をいたわって優しくしてやりたい。

 

2017-10-07 16:30:00

日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント