株式会社 矢田健商店

大阪市で業務用のお惣菜やオリジナル商品の提案・pb商品の開発は株式会社 矢田健商店にお任せ下さい。

会社概要

■会社名
株式会社 矢田健商店

■所在地
大阪市西成区長橋1-10-16
MAP>>
■電話番号
06-6641-2818

■FAX番号
06-6647-4417

■事業内容
惣菜加工卸

 

お問い合わせ

 

HOME»  社長による日記»  介護の現場から

介護の現場から

介護の現場から 日記
  • 件 (全件)
  • 1

祈念(2017-10-19)

2017-10-19
いつか必ず舞台に復帰するぞ!

という強い意志をこめて
晴の日の様子をイラストにおこしていただきました。
お肌がツヤツヤです。

これを眺めながら、今日もリハビリに勤しんでいます。

 




 

2017-10-19 17:00:00

コメント(0)

執務中(2017-09-28)

執務中2017/09/28
リハビリの合間にブログをチェックする様子をこっそりと撮影。
 

 

2017-09-28 17:40:48

コメント(0)

残暑お見舞い申し上げます(2017-08-24)

残暑お見舞い
高校野球も終わり、いよいよ季節は秋に向かう頃ではありますが
まだまだ毎日暑いですね。いかがお過ごしですか。

社長は変わらず毎日、好きな歌が歌えるように
リハビリに励んでおります。
ご覧の通り、バテもせず元気です。

 

2017-08-24 17:00:00

コメント(2)

矢田星旺より御挨拶

暑中お見舞い申し上げます。
暑さ厳しい季節、皆様におかれましては、ご清祥のこととお慶び申し上げます。
長期にわたって星華吟詠会を欠席しましたこと、および、ご心配をおかけしましたことを
深くお詫び申し上げます。
また、過分な御見舞をいただきまして、厚く御礼申し上げます。

お陰様で本年3月25日に退院しまして、ただいまはリハビリ中です。
ただ、今は音程は取れますが、高い声が出ません。
また、節が歌いづらい。声帯の筋肉が戻っていないということです。

そのほかの部分は徐々に回復に向かっています。
(麻痺のある)左足のふくらはぎは測ってみますと見違えるように筋肉がついています(径35cm)。
50mくらいなら歩けそうです。
歩幅が15cmから、20cmに伸びて欲しいと考えています。
(同じく麻痺のある)左手の手首、腕、肩の筋肉も徐々についているようです。

7月23日は住吉大社奉夏期錬成納涼詩吟大会に参加できなく、申し訳ございません。
本会の会の運営に大変ご迷惑をおかけいたしました。
会員の皆様の笑顔を見ることができず、声を聞かれず、大変残念です。

猛暑の折貴方様のご健康を祈念して、また、リハビリの成果がでることと頑張ることを
住吉大社様にお誓い申し上げる次第でございます。

2017/07/20 矢田星旺


walk
この調子で50mは一人で(介助なしで)歩けると思います。

2017-07-27 17:12:05

コメント(0)

吟じてます

詩吟

美声をお届けできなくて残念です。

リハビリおわりで疲れたところお願いして、一曲歌っていただきました。
腹から声出てます。

2017-06-29 17:40:11

コメント(2)

社長考案のおかずを作ってみた(2017-06-29)

2017/06/29

毎日楽しく食べることを考えて生活している社長の膨大なレシピから
今回は2品作ってみました。
鱧としらすを使用し、カルシウムが多く採れるメニューです。

1.鱧の黒酢南蛮漬け  

鱧の黒酢南蛮
写真の量(250g)あたりの成分
エネルギー(kcal) 202
蛋白質(g) 24.9
脂質(g) 5.4
炭水化物(g) 11.9
ナトリウム(mg) 1509
食塩相当量(g) 1.8
カルシウム(mg) 104
鉄(mg) 0.8
亜鉛(mg) 0.9
使っている素材:鱧・玉ねぎ・人参・黒酢・ノンシュガー・薄口醤油・出し汁
とろみとしてトロミ粉

2.しらすと大根の酢の物

しらすと大根の酢の物
写真の量(160g)あたりの成分
エネルギー(kcal) 68
蛋白質(g) 5.4
脂質(g) 0.3
炭水化物(g) 10.0
ナトリウム(mg) 1449
食塩相当量(g) 1.6
カルシウム(mg) 69
鉄(mg) 0.5
亜鉛(mg) 0.5
使っている素材:しらす・大根・わかめ・人参・酢・ノンシュガー・薄口醤油・出し汁
とろみとしてトロミ粉
 
調理のときにとろみを加えて仕上げてしまうのではなく、
水分を分けてとろみを加えたものを別にして、添えて出しています。
口にいれる直前に自分で混ぜ合わせ、
ときどき味を変えながら食べ進めるやり方で
楽しく食べられているようです。
※栄養成分が変わってしまうのが心配なので、とろみの食べ過ぎには注意。
 

2017-06-29 17:00:00

コメント(0)

運動リハビリに密着(2017-06-22)

2017-06-22 介助なしで1分以上立ち続ける練習 バンザーイで爆笑
 

病院や診療所の先生方のご協力をいただいて、
麻痺で動かせなかった左足の動かし方を訓練して、少しずつ思い出しています。
 

車椅子から立つ
車椅子だけを使って、一人で立ち上がる練習。

家の中には社長のために手すりなどを設置していますが、出かけた先はそういうわけにはいきません。
様々な状況を想定して、そこにあるものだけを使って、自力で立ち上がる。
私たちにはなんと言うことないような動作ですが、
動かす筋肉、力のいれ具合、一つずつ確認しながら動かなければいけない社長のこの表情。
真剣そのもの、頭はフル回転です。

一人で歩けます 今日は玄関まで3セット歩きました。調子が良い。

訓練を積み重ね、一歩ずつ、前進しています!
 

2017-06-22 18:00:00

コメント(1)

社長考案のおかずを作ってみた(2017-06-16)

2017-06-16のおかず

毎日楽しく食べることを考えて生活している社長の膨大なレシピから
3品作ってみました。
栄養士の先生に成分を計算、コメントもいただきました。

1.黒酢豚

  
黒酢豚
写真の量(140g)あたりの成分
エネルギー(kcal) 301
蛋白質(g) 8.2
脂質(g) 17.3
炭水化物(g) 25.3
ナトリウム(mg) 560
食塩相当量(g) 1.4
カルシウム(mg) 56
鉄(mg) 1.4
亜鉛(mg) 1.2
使っている素材:豚バラ肉・玉ねぎ・人参・ピーマン・生姜・黒酢・黒砂糖・薄口醤油
とろみとして片栗粉

 
 

2.あさりといんげんの胡麻和え 

 
あさりといんげんの胡麻和え
写真の量(95g)あたりの成分
エネルギー(kcal) 77
蛋白質(g) 5.6
脂質(g) 4.1
炭水化物(g) 5.3
ナトリウム(mg) 167
食塩相当量(g) 0.4
カルシウム(mg) 119
鉄(mg) 7.2 
亜鉛(mg) 1.1 
使っている素材:あさり・いんげん・白ごま・濃口醤油・ノンシュガー・かつおだし
とろみ粉
 
あさりを使用しているために鉄、亜鉛が多くなっています。
 
 

3.鰆ほぐし身と小松菜のおひたし

鰆ほぐし身と小松菜のおひたし
写真の量(190g)あたりの成分
エネルギー(kcal) 89
蛋白質(g) 9.2
脂質(g) 3.7
炭水化物(g) 4.7
ナトリウム(mg) 541
食塩相当量(g) 1.4
カルシウム(mg) 348 
鉄(mg) 1.4
亜鉛(mg) 0.5
使っている素材:鰆・小松菜・出汁・薄口醤油・塩
とろみ粉

小松菜のカルシウムが特筆されます。

 


特に2と3にはリハビリに重要な栄養素が含まれており、良いメニューとお褒めいただきました。
しかしながら豚は固い、酸っぱすぎる、玉ねぎが多い方がおいしい、等々、
社長の美味しいに到達するまでは、まだ試行錯誤が必要な様です。

2017-06-16 16:19:39

コメント(0)

篠島さんがお気に入り(2017-06-08)

ここのところ毎日のように作って出しておりますのが

しらすほうれん草生姜
しらすとほうれん草の生姜醤油あえと

ひじきとろみ
ひじき煮とろみ です。

和え物には人工のとろみ剤を加えて喉の通りが良くなるように、
ひじき煮は煮汁にとろみ剤を加えています。

どちらもお取引いただいている篠島漁港さまの
【釜揚げしらす】と【生ひじき】で作ります。

よそで手配した物で作りますと、「違う」といって食べてもらえません。。。
 

2017-06-08 16:28:09

日々のたのしみ(2017-06-01)

何をどのような味で食べるか、を考えることが食事の一番の楽しみであることは間違いありませんが、
どんな器でいただくか、と考えることも楽しいことです。

ほうれん草バナナジュース 甘酒   

社長考案のトロミのメニューとして、最近よく食卓にのせている
・ほうれん草バナナジュース(左)
・甘酒(右)

切り子のグラス

鹿児島から取り寄せたカットが美しい切り子のグラスでいただくと、
味わいも格別だそうです。

美味しいとろみメモ

  1. ほうれん草バナナジュース
    食物繊維・ビタミンが豊富
    原材料:ほうれん草・バナナ・甘味・水・サナスロート

     
  2. 甘酒
    ブドウ糖、毎日食べても大丈夫(最近流行している麹原料のもの)
    原材料:白米・水・サナスロート



※※※※※
介護の現場から カテゴリは、社長の日常の食事を
支える側から発信していきます。
※※※※※

2017-06-01 18:00:00

  • 件 (全件)
  • 1